こんにちは!ハゲ太です。

(ハゲ太の本サイトはこちら→『ハゲても笑って生きようと思う。』)

詳しくは本サイトにも書いていますが、僕は長い間「自分はハゲていない」と言い聞かせ、ハゲている事実を見ないようにしていました^^;

そしてある日の朝ハゲを受け入れたことをきっかけに育毛活動に取り組んできた結果、▼こんなかんじでかなり回復することができたんです。

▲育毛活動の成果。(※育毛サプリだけの成果ではありません^^)

 

このサイトは、

  • 僕がこれまでの育毛活動のなかで積み上げてきた育毛サプリについての知識をまとめるため
  • その知識にもとづいた現在市販されている育毛サプリのレビュー・評価・体験談などをまとめるため

こんな目的でつくってみました。

 

育毛サプリは「育毛活動のなかではあくまで補助的な役割、オマケみたいなもの」という位置づけで捉えている人も多いかもしれません。

ですが、「身体の内側から髪の毛の材料を補給し、生育環境をととのえる」ことのたいせつさが体感できてくると、育毛サプリの重要さがわかってきます。

たとえ医薬品でブーストをかけたとしても、ガソリンを補給しないとガス欠になっちゃう・・そんなイメージですね。

育毛サプリは公式サイトの宣伝からは読み取れない情報がけっこう重要だったりします。

ぜひこのサイトの記事も参考にして、あなたの育毛サプリ選びに役立てていただければと思います^^

 

育毛サプリの評価基準

ここでは僕が実際に購入して使用したものも含め、現在市販されている育毛サプリを、主に

  • 成分と成分量の評価←いちばん大事
  • コストパフォーマンス

をもとにランク分けしています。

育毛サプリはよく「全部で〇〇種もの成分が配合されてるからス・ゴ・イ!」などと宣伝されていることがありますが、肝心なのは「ちゃんと効果が期待できる分量(あるいはちょうどいい分量)配合されているか?」という点です。

かりに有効な成分が100種類配合されていたとしても、それぞれが必要量の100分の1しか配合されていなかったら、効果なんて期待できないですよね?

育毛サプリの広告をみるときは、このあたりにも注意して見るようにしていただけるといいと思います。

それではまず育毛サプリの総合評価にもとづいたランク分けから見ていってみましょう。

 

総合評価別育毛サプリ一覧

■いまひとつ・・な育毛サプリ一覧

「ノコギリヤシ」を主成分としながらも、必要量が足りていない育毛サプリがけっこうあり、「ノコギリヤシを基準にした育毛サプリのランク付け」は、はっきりしています。

ここにあげた商品はけっして「効果がない」とか「ダメな商品」というわけではなく、「これを選ぶならもっといい商品がありますよ」ということであげさせていただきました。

 

■なかなかいける?・・な育毛サプリ一覧

2つの商品をこのカテゴリーにいれました。

イクオスサプリは一見、ボストン以上の成分に見えますが、ノコギリヤシに関しては実はボストンのほうがすぐれています。

 

■これがおすすめ!・・な育毛サプリ一覧

現状、もっともおすすめできるのは、イクオスサプリEXが登場した後でもやはりボストンという評価になりました。「なぜイクオスサプリEXより評価できるのか?」については詳細記事に詳しく書いています。

 

■判断保留・・な育毛サプリ

ダブルインパクトは「IGF-1理論」という発毛理論に特化したサプリメントです。

この理論じたいの信ぴょう性が評価できないということで、「判断保留」となっています。

 

 

予算別おすすめの育毛サプリ一覧

おすすめできる育毛サプリを予算別に振り分けてみました。

「毎月これくらいまでであれば育毛サプリに使えるんだけど」というときは参考にしてみてください。

 

■〜3,000円/月の育毛サプリ

  • 小林製薬ノコギリヤシEX(税込2,250円〜 )【詳細記事

 

■〜4,000円/月の育毛サプリ

 

■〜5,000円/月の育毛サプリ

  • イクオスサプリEX(4,380円:定期便)【詳細記事
  • モサイン(4,482円:定期便)【詳細記事
  • ボストン(4,827円:3本定期便)【詳細記事

 

■〜6,000円/月の育毛サプリ

  • ボストン(5,333円:3本まとめ買い)【詳細記事

※価格はすべて税別表示

そもそも育毛サプリって効果あるの?

さて、そもそも育毛サプリって効果あるのでしょうか?

また、薄毛治療のなかではどういった位置づけになるんでしょうか?

 

サプリメントは「補うもの」

サプリメント(supplement)という言葉には「補う」という意味があります。

育毛サプリでいうと「髪の成長のために役立つ栄養素のうち、食べ物から十分に摂取できないものを補うためのもの」という位置づけですね。

フィナステリドなどの医薬品のようにはっきりと「薄毛をなおす」「毛が生えてくる」といった効果があるものではないとされています。

 逆にいうと「副作用も医薬品ほどひどくはならない」わけなので、フィナステリドなど医薬品の副作用が怖い人にとっては適した薄毛対策といえます。

育毛サプリのメリットのメリットは?

ここで、育毛サプリを飲むことのメリットをまとめてみましょう。

1.医薬品にくらべ副作用の心配がほどんどない

サプリメントは「食品」であり医薬品のように急激な効果がない反面、フィナステリドやミノキシジルタブレットのような副作用の心配がほとんどありません。

「副作用が怖くて医薬品に踏み込めない」という人は多いと思います。(僕も以前はそうでした)

そんな人はまず育毛サプリから試してみることができます。

2.身体の内側からの育毛効果が期待できる

育毛を始めるというと育毛剤を思い浮かべる人が多いと思います。

が、外側からつける育毛剤の場合、外的の侵入から身体を守る「皮膚」というバリアがあるため、有効成分が効率よく浸透していきません。

いっぽう口から身体に取り込むサプリメントであれば身体の内側に入っていって作用することができるので、髪の成長にも大きな影響力を持つことが期待できます。

「外用より内服のほうが効果が高い」という話でいうと、医薬品のミノキシジルがよい例ですね。

ミノキシジルの外用薬(リアップ)などよりも、内服するミノキシジルタブレットのほうが、効果も副作用も強烈になります。(身をもって経験しました^^;)

そう考えると、育毛サプリは医薬部外品などに指定されている育毛剤と比べても、同等かそれ以上の効果を期待していいのではないでしょうか?

 

3.サプリを複数飲むより効率的

育毛のためにサプリを飲んでいる人のなかには「マルチビタミン」「亜鉛」「ノコギリヤシ」というように、別々のサプリを複数購入して飲んでいる人もいます。

ひとつひとつのサプリは比較的安いかもしれませんが、合計すると育毛サプリより高くなってしまうこともあります。

また、いくつものサプリを飲むのも大変ですよね。

育毛サプリであれば育毛に役立つ成分がまとめて配合されており、管理面でもコスト面でも効率よくのみ続けることができます。

 

育毛サプリの成分にはどんなはたらきがある?

では育毛サプリに配合されている成分には具体的にどんなはたらきがあるのでしょう?

育毛サプリに配合されている成分は、期待されるはたらきによって大きく3つにわけられます。

1.髪の成長に必要な栄養素・ビタミン

髪の材料になっているのは「ケラチン」というタンパク質です。

ケラチンは18種のアミノ酸からできているため、そのアミノ酸合成にかかわる亜鉛などのミネラル、そして細胞の成長や新陳代謝を活発化させるためにはたらく各種のビタミンなどは髪の毛の成長に必要不可欠な成分といえます。

ビタミンやある種のアミノ酸(必須アミノ酸)は体内でつくられないため食べ物などから摂取する必要がありますが、食事からでは足りない分をサプリメントで補給することによって、健康な髪の成長をたすけることができます。

  • 亜鉛
  • ビタミンB
  • ビタミンE
  • シスチン
  • ビオチン

などなどですね。

この他にも、ヨーロッパで古くから「飲む育毛薬」として親しまれていたとう「ミレットエキス」(特定のキビから抽出したエキス)など、各種のアミノ酸やミネラルを豊富に含むことから育毛サプリに配合される成分もあります。

 

2.薄毛になるメカニズムを崩すための成分

AGA(男性型脱毛症)のための医薬品成分「フィナステリド」は、薄毛になるメカニズムを崩すことにによって薄毛の進行をおさえます。

そのメカニズムとは、男性ホルモンである「テストステロン」が【5αリダクターゼ】という酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」という超強力な男性ホルモンに変化し、DHTが髪の毛に「抜けていいよ」という信号を発するというもの。

フィナステリドはこの5αリダクターゼを阻害することで、薄毛の進行を抑えるんですね。

育毛サプリにはフィナステリドほどの薬効はないものの、同様の「5αリダクターゼを阻害する作用」がある成分として

  • ノコギリヤシ
  • バナチン

という2種類の成分が配合されていることがあります。

とくにノコギリヤシは多くの育毛サプリで主役の成分となっています。

また「女性ホルモンのように作用する」ことによって、相対的に男性ホルモンのはたらきを抑える成分として、

  • 大豆イソフラボン

もよく配合されています。

 

3.血行促進や炎症をふせぐなど、髪の生育環境をととのえるための成分

血行が促進されると毛根(毛母細胞)へ十分な栄養が届けられ、発毛のための環境が整えられます。

また炎症は抜け毛の原因になるため、炎症を防ぐはたらきも育毛につながります。

このようなはたらきを期待されて配合されている成分としては

  • フィーバーフュー
  • カプサイシン
  • イチョウ葉エキス

などがあります。

 

このサイトで詳しくご紹介している育毛サプリの成分一覧

 

 

育毛サプリにも高い効果を期待していい?

こうして育毛サプリに配合されている成分とその役割をひとつひとつ確認してみると、「少なくとも髪の毛の成長にとってプラスになる」ことは間違いないと感じられますよね。

とくに食生活の影響で栄養バランスが偏らざるをえない僕たち現代人にとって、髪の成長に不足な栄養素を補いつつ、AGAの原因を阻害したり髪の成長環境を整えてくれる育毛サプリの力は小さくないといえます。

「育毛をはじめる!」というと、育毛剤や育毛シャンプーからはじめるイメージがつよいですが、作用のしかたから考えると育毛サプリの位置づけはこれらよりも上に来てもいいと考えています。

もちろんちゃんとした育毛サプリを選ぶ前提での話ですが・・

あなたがちゃんとした育毛サプリを選択するためにこのサイトが役立つことができれば、これ以上ありがたいことはありません^^